LGBTQ ~理解のある方のみ~ おススメ ドラマ情報 ただの生活日記 ~のんびり海外暮らし~

【NETFLIX】海外ドラマ ハリウッド(Hollywood)

こんにちは、Nateです。

本日は

Netflixで絶賛配信中のLGBT海外ドラマ ハリウッド Hollywood

をご紹介したいと思います。

このドラマなんですが、
第二次世界大戦後のハリウッド映画黄金期を舞台
LGBTQや黒人、女性、役者、新しいことへの挑戦、世間からの批判など
映画産業に携わる方の活躍と挑戦を描くドラマです。

もちろん、このドラマはフィクションですが
アメリカの時代背景がわかりやすいと思います。

また、このドラマが2020年に作られているという点が
エンディングに大きく影響しています。

このドラマを見る前に知っていてほしいことは
当時のハリウッド映画と
映画スタジオ、役者・キャスティング、脚本家、監督などの
関係性です。

今でこそ、日本の芸能人ですと芸能プロダクションにはいったり、
海外ですとエージェントと提携したりして出演するテレビ局などの自由度がまだ高いと思います。

しかし、当時の映画は「スター・システム」と呼ばれる
役者と映画製作会社(スタジオ)が専属契約をしていました。

つまり、制作会社に役者が所属して映画が作られていくということです。

ちなみに実話として(ドラマには関係ないですが)
当時の大きなスタジオは
メトロ・ゴールドウィン
パラマウント
20世紀フォックス
ワーナー・ブラザーズ
RKO
だそうです。

その次に、
コロンビア
ユニバーサル
ユナイテッドアート
があったそうです。

もしイメージとして例えるなら、
石原プロやEXILEのLDH JAPANみたいな感じでしょうか。
自分たちの俳優を使ってドラマや映画を作っていますよね。



ドラマを観るまでは正直
アントラージュ★俺たちのハリウッド(原題 Entourage )のような
ハリウッド映画産業を舞台としたドラマかと思っていました。

しかし、観てみると全然違います!!

このハリウッドの方は、
どこか懐かしいながらも当時のアメリカにおける
黒人・LGBTQ・女性などにフォーカスを当てている
社会派ドラマでした。

そのため、とても勉強にもなります!!

1話は約50分
エピソード数は7話と少なめです。

そのため、自分のような飽き性の方へはとてもいいと思います。

それでは海外ドラマ ハリウッドとは
どんな内容かを簡単にご紹介しますね。

舞台は第二次世界大戦後のアメリカ・LA・ハリウッド。

映画俳優になりスターになることを目標にする元軍人のジャックは、
日々エキストラの採用現在に通っていました。
しかしながら、なかなか選ばれません。

家族のこともあり、なんとしてもお金が欲しいジャックは
たまたまバーでちょっとダンディーなおじさまアーニーと出会います。

そこでアーニーが経営している美形の男性が働く給油所(ガソリンスタンド)で働かないかと誘いを受けます。
最初は断るジャックでしたが、家族のことを考え仕事をすることに。

制服に着替え、初めて仕事の内容を聞くジャックは普通のガソリンスタンドでは聞かないような
合言葉があることを知り、アーニーはこう言います「ここは夢を作り 売る街だ」※日本語字幕

夢や欲望を持つお客さんを相手にするというこのガソリンスタンドの正体は、
簡単に言えば風俗店。
合言葉を聞いたらお客さんの車に乗り込みそのままお客さんの運転でどこかに・・・。
だからこそ、給料(チップ)はとてもいいのです。

ジャックの最初のお客さんはとある上品なマダムでした。
後に、このマダムとの出会いがジャックの運命をいい意味で大きく変えます。

別日になり、今日のお客さんはおじさん・・・!
そう、ここは男女どちらのお客さんも来る場所
ジャックはどうしても男性相手は嫌。

そのまま仕事を辞めてしまいます。
奥さんの働いている場所に行くと、別の従業員と仲良く話している現場を目撃。
そして妊娠している奥さんと産婦人科に行くと、より大きな子育てのためお金が必要に。

嫌でも働かなけれな行けなくなり、そこでジャックが考えたのは
男性のお客さんが来た時に自分の代わりに働いてくれる人を探すこと。

ゲイしか集まらない場所に行き、
そこで自分の代わりになりそうな人を見つけ仕事を一緒にするようにいうのですが・・・・。



何となく気がついたかと思うのですが、
駆け出し俳優が最初は売春をして生計を立てながらスターを目指し、
そこで同じくスターを目指す人や自分の作りたい映画を作ることに対して
難題に挑むお話しです。

ただし!!
途中からスタジオに所属することができるようになり
そこでも上を目指すために多くの俳優が枕営業に誘われたりします。

また、このガソリンスタンドで出会った人たち=男性のお客と女性のお客
ハリウッド映画産業で働いていることから物語の重要人物になっていきます。

ちなみにこのドラマのいいところの一つには、
登場人物が多くないこと顔が覚えやすいこと!!

ちなみにですが、いつ出てくるかとは言いませんが
ここで出てくるゲイカップルは2020年海外ドラマのお似合いゲイカップルまとめ
的なYoutubeや雑誌の記事に出てきます。
そのぐらいヒットしたドラマでもあります。

アジア人や黒人、ゲイなど当時は差別をされ
実力があってもなかなか表舞台に出てくることができない、
出てきても批判を受けるというシーンはまさに
当時のアメリカそのものかと思います。

全話観た後の感想としては、

この映画は戦後のアメリカが舞台だが
2020年現在の考えが反映されているドラマ

だと感じました。

結果的にはハッピーエンディングなんですよ、
ドラマの結果的には。
でも、個人的には歴史ものにするならハッピーエンディングでなくていいと思いました。
※これは社会派ドラマであり歴史ものではないので。。。

ただ、物語自体のメッセージ性にはとても同感できます。
そうだよね、そうだよね!!ってなります。

だからこそ、
当時の歴史を見たい自分とこのドラマの本当のメッセージとの
ギャップがあり評価に迷いました。

また、ゲイの人によるパワハラは観ていて本当に不快感を感じました。(加害者がゲイ)
同時に当時はゲイが迫害対象であるからこそ
力を持ってしまったらストレートの人たちより
よりひどくそういう態度に出てしまう人もいたのかもしれないと思いました。

※実際に力を持った男性が女性へのセクハラで事件になっていますし。
ハーヴェイ・ワインスタインなど。

メッセージ性が強いですが、
アメリカの差別など勉強になることが多い作品でもあると思います。
興味がある方は是非ご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

字幕なしで観てみたい・この機会に英語を学びたいなら
まずは無料レッスンを受けてみてはいかがですか?
会員数90万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

【Netflixオリジナル】バンコクラブストーリー イノセンス

  こんにちは、Nateです。 本日はNetflix限定ドラマをご紹介したいと思います。 今回選んだNetflixお勧めドラマは バンコクラブストーリー イノセンス です! すみません、また ...

続きを見る

-LGBTQ ~理解のある方のみ~, おススメ ドラマ情報, ただの生活日記 ~のんびり海外暮らし~
-, , ,

© 2020 自分らしく海外移住 Holiday From Real