留学 ~経験と聞いた話~

ワーホリや留学に行くタイミング・年齢っていつがいいの?

2020年6月15日

 

こんにちは、Nateです。

本日は、留学をする前の悩み・・・

いつ・何歳でワーキングホリデーに行けばいいのか?

について伝えてみたいと思います。

ちなみに自分は2か国ワーホリの経験者です。

そんな自分が最初のワーホリに行ったのは20代中頃です。
大学卒業後約3年社会の荒波に揉まれたのちに、
オーストラリアにワーホリをしました。

この時、
なぜオーストラリアを選んだかというと

カナダと比べて暖かそうだったから

カンガルーやコアラ、カモノハシを見てみたかった

英語が苦手で、発音の違いとか気にしていなかったから だからこそ訛りのある発音に先に慣れておこうと思ったから

留学エージェントに
ホスピタリティ業界への転職に興味があれば オーストラリアの方がいいって言われたから

そうなんです、
留学エージェントさんにおススメのプログラムがあるって言われたので
ならそこにしようって思ったんですよね。

迷ったらエージェントさんのお勧めする学校でもいいかもしれないんですが、
とりあえずオーストラリアに行くことはこの時点で決めました。

1か国目のワーキングホリデーの時の一番の後悔は、
ワークビザをサポートするって言われたけど断ったことなんです。

今思えば、本当にもったいない。

でも
だからこそ
この後悔がカナダでは移民やワークビザサポートの可能性があれば
断らずに進んでみよう、挑戦してみようと思ったんですけどね。

そして、約2年間の2か国ワーキングホリデーで
たくさんの日本人・多国籍の方に出会いました。

そこから、自分が考えるワーホリ及び留学に行くタイミングについてお伝えします。
カナダとオーストラリアのベースのお話です。
アメリカ留学やイギリス留学はビザがわからないので・・・
すみません。。。

ビザごとに考える留学のタイミング

でも何歳ごろ、どのビザがいいか迷う

短期留学はいつ行けばいい?

自分がイメージする短期留学は一般的に言う観光ビザで留学に来る方のことを指します。
カナダもオーストラリアも観光ビザで留学に来る方は多くいました。

1週間からカナダの場合は6か月までみなさん期間はバラバラです。
カナダのeTAでの滞在は6か月となり、その期間に学校に通う人が多くいます。

観光ビザの方は働けないので、滞在費の予算が少し上がりますね。

観光ビザでの留学は正直、来れるときに来ていいと思います。

大学や高校など学校の休みを利用してもいいし、
有休を利用してもいいし、
転職や就活の合間や入社前でもいいし、
結婚前や同棲生活の前でもいいと思います。

ワーキングホリデーは??

ワーホリの場合は、目的が決まってからワーキングホリデービザを使ってください。
もし、留学先でこれがしたいということがなければ
日本の学校を卒業してからです!!
休学してからのワーホリは個人的にはお勧めしません!

なぜなら!!
ワーホリ中って本当に何があるのか、どんなことが起こるかわかりません。

もし、ワークビザをサポートしてほしいって思った場合に
学校があれば断らないといけなくなります。

恋人と今後のことを真剣に考えた場合でも学校があれば
戻らないといけません。
そして半年から数年の外国人との遠距離恋愛・・・。
辛いです😢

なら大学卒業してすぐがいいかというと、
それも一つの手ではありますが就職が大変になります。

第二新卒は卒業後3年って聞いていますが(情報が古い?)
高校または専門学校または大学卒業→1年間ワーホリ→帰国が3月
だと就活に間に合わない場合は中途採用枠になります。

正直、日本は新卒様なのでせっかくの新卒を捨てるのはもったいないです。

なら、
高校または専門学校または大学卒業→1年間ワーホリ→新卒採用→入社
だと卒業後就職できるまでに2年かかります。

そのため、個人的には
高校または専門学校または大学卒業→2-3年仕事してお金を貯める→ワーキングホリデー
がおすすめです。

なぜなら、
ワーホリは確かに働けますが、すぐに働けるかは英語力と仕事があるかのです。
また、つきたい仕事があっても社会人経験者が優遇されます!

また、旅行に行きたい・おいしいものを食べたいなど
せっかくの海外なので贅沢をしたくなります。


でもお金がないと、
せっかくのラウンドや国内外旅行に誘われても断らないといけません・・・。

※オーストラリアで国内旅行として都市を周ることをラウンドと呼びます。

2か国目のワーホリは??

これは1か国目にできなかったことをすることに焦点を当ててください。

なぜなら、
多くの2か国目ワーホリをする人はつまらないとか1か国目がよかったっていいます。
そして、早めに帰国したり・不満ばかり言って満足できずに帰る方が多いです。

例えばオフィスで働きたい・ホテルで働きたい・旅行をたくさんしたい。

仕事で考えるのであれば、
1か国目と2か国目の間に その仕事 を日本で経験してください。

日本での経験は海外の就活でもかなりアドバンテージになります。
スタバで働きたければ、日本でもスタバで働くなどです。

次のワーホリでは旅行に行きたい・節約生活をしたくないっという場合は
単純にお金を貯めてから2か国目のワーホリをスタートさせてください。

学生ビザは?

どの学校への学生ビザかにもよります。
同時に、ワーホリのような年齢制限はないと思いますので慌てて取る人要はないと思います。
※国にもよると思いますのでエージェントさんに確認してください。

例えば、一番多くの方が考えるESL(語学学校)に通う英語留学はいつでもできます。
ワーホリの前でもいいですし、ワーホリ後でもいいと思います。
ワーホリを使わずに学生ビザで英語力を上げる留学にしてもいいと思いますが、
カナダでは仕事ができません。
オーストラリアでは仕事ができるはずです。

つまり、ワーホリは使えないまたは使いたくないけど長く海外に滞在したいときですね。

カレッジ(専門学校)の場合は、
学びたいことが決まり英語力とお金がたまったらそのときかと思います。

なぜなら、働けるといっても単位を取らないといけないし
その後の就活に直結するため、
何を学びたいのかが決まっていないのに進むとただただ苦痛です。
しかも英語での授業なので。
※カレッジは英語で何かを学ぶ場所です。

大学・大学院の正規留学の場合は、これは完全にあなたのタイミング次第です。
学校に在籍して交換留学制度などで単位を取得できるのか、
会社から補助が出るのか、
などです。

※大学に付属のESLへの留学は私学のESLに通うのと同じです。

ただ、初めから5~6年かけてESLから大学まで行くとなれば
その後の年齢も考えると早い方がいいですね。

海外の大学は予想以上にお金がかかります・・・・
そのため、先に永住権を取ってから現地の大学に行く方もいるぐらいです!

最後に永住権を目標にする場合

個人で移民をしたい・永住権が欲しいという方は
1か国目でも2か国目でも移民をすることを第一に考えてください。

スタートのビザはあなたの年齢と職歴次第です。

カナダ移民の場合は、日本の職歴を引き継げることができます。
一番確率が高いのはレストランのシェフです。(ラーメンやお寿司)
アルバイトでも週に一定以上働いていれば適応できるはずです。
そのため、フリーターの方にもチャンスはあります。

先に職歴をつけてカナダで職歴をつけたうえですぐに永住権を申請できるようにすべきです。
自分はこの方法で移民をしました。

カナダやオーストラリアで職歴が大事となる場合、
カナダの場合はワーホリまたは大学卒業後にもらえる通称ポスグラ期間でしか
職歴のカウントにならないはずです。
※ワークビザは職歴になります。

つまり、最初からワーホリでスタートした場合は
すぐに仕事場を見つけて就職して職歴をつけないと間に合わなくなるんです。

そのため、
カナダで永住権を考えている方は先に観光ビザで入国してから
語学学校で英語力を上げながらビザコンサルタントに相談
就活をしながらワーホリに切り替えることをおススメします!!

年齢的にワーホリが使えない方カナダで職歴をつかないといけない方は、

1、ワークビザをサポートしてもらえるところを探して
ワークビザでスタート。
2、学生ビザ(カレッジ)でオフキャンパスやCO-OP期間に働き、
ワークビザをサポートしてもらう。
3、ポスグラがもらえる学校を卒業後にポスグラで職歴をつける

上記の3つになるかと思います。
ただし、どれも英語力が必要です。

日本やカナダのカレッジが始まる前にIELTS6.0以上を目安に取得しておきましょう。
スコアが足りない・英語力がない方は
2か3のパターンの前にESLに行きましょう。
その時のビザは学生ビザでカレッジや大学まで延長できるようにするか、
ESLに所属の時だけ観光ビザになるかと思います。

※個人移民を含め、移民申請やコンサルタント代は結構かかります。
50万から100万はビザ申請用に用意しておいてください。
例)コンサルタント代 3500~5000ドル
永住権申請費   1000~1500ドル
健康診断     ~500ドル
IELTSやCELPIP代  320ドル×点数が取れるまで

今はほかに指紋認証代もいるそうです。

※点数が取れなければ学校に行くお金が必要

ワークビザ→永住権の場合、上記に加えてワークビザに対する費用が掛かります。

※ビザはルールがよく変わります。
詳しくはビザコンサルタントさんや留学エージェントさんに相談してくださいね。
※この記事は自分が移民をするときにコンサルタントさんに聞いた話や、
2020年6月頃までに同僚がビザを取ったときに聞いた話がベースです。

写真はロンドンに遊びに行った時の写真です。
そういえば、イギリス留学・ロンドンに留学は考えなかったです。
イギリスのワーホリって倍率が高いとか、物価が高いとかでやめたんですよね。
でも遊びに行ったら、素敵な街だと気づき
また行きたい場所の一つです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-留学 ~経験と聞いた話~
-, , , , , , ,

© 2020 自分らしく海外移住 Holiday From Real