バンクーバー生活 ~現地からお届け~

8月のバンクーバー 服装と夏の暑い期間について

 

こんにちは、Nateです。

本日は定期的にお届けしているバンクーバー情報です。

今月はなかなか更新できておらず、すみません。

夏のバンクーバーが楽しく、誘惑に負け・・・
ていたわけではなく、
仕事とうちの人の関係で慌ただしく、
なかなかパソコンの前にくることができませんでした。

落ち着きだしましたので、
また更新の頻度を上げていきたいと思っています。

そんなわけで、夏のバンクーバーはどうだったかと言いますと
7月の後半から合計で約7日ぐらい
暑いと感じる日がありました。

そうなんです、バンクーバーで30度を超えて暑いと思える日は
合計で7日ぐらいしかないんです。

あとは暑くなく、日差しはありますが日陰では涼しく
アイスのカフェラテやソーダなどをゆっくり飲みながら過ごす
日本では考えられない
すばらしい夏なんです。

ちなみに、去年は冷夏で暑い日がなかった記憶があります。
その前の年は暑かったんですよね、たしか!

つまり、夏のバンクーバーの服装は
半袖半ズボンで過ごせる期間が限られているんです。

このブログを書いている
8月25日も散歩に行きましたが、
半ズボンに半袖のTシャツ、そして薄手のパーカーを自分は羽織っていました!
もうパーカーの出番なんですよね。

そのため、今後夏のバンクーバーに留学や旅行にいらっしゃる際は
天気予報を見て30度を超えそうな日があるかないかで上着を持ってくるか決めてくださいね。

それではいくつか8月にあったことをお伝えしますね。

花火大会中止
プライドパレード中止
詳しくはこちらの記事をご覧くださいね。

バンクーバー 夏の風物詩 花火大会とプライドパレード

こんにちは、Nateです。 今日は 夏のバンクーバーのイベントって何? についてお伝えします。 7月1日のカナダデーは もちろんなんですが、 バンクーバーの人々にとっては夏を一番感じるのは下記の 2つ ...

続きを見る

8月5日 国際牡蛎デー
この日はとあるシーフードレストランで
生牡蠣が午後から1つ$1.50でした!
もちろん絶対にあたらないということではないのですが、
アジアを除き、海外では牡蛎といえば生牡蠣をイメージすることが多いです。

コロナで外食を控えていましたが、誘惑に負けていきました。
また今度このお店についてご紹介しますね。

 

夏のバンクーバーの一番人気なアクティビティ
ハイキング

今年はコロナの影響により、予約制をなっているところがありました。
キャンプ場も予約を取るのが難しいらしく、
アクティビティが好きなバンクーバーの人たちには
少し自由度が少ない夏がったかもしれないですね。
ハイキングについては別々の記事をご覧ください!

そんな自由度が下がった場所もあれば、
自由度が増したこともあります。
なんと、バンクーバーダウンタウンの一部にて
飲酒が認められた
んです!!
これは海外では珍しいことです。
6月1日からノースバンクーバーで試験的に始まったこの企画が、
なんとバンクーバーダウンタウンにも。
※期間限定です。

写真の右側にあるイスとテーブルのある場所が
その飲んでいい場所です。
ただし!時間が決まっています。
この写真は夜のものですが、飲んでいい時間は昼から夕方までです。

 

ウィスラーもコロナの影響で制限がかかっていました。

自分の周りでも近場の旅行として、
ウィスラーを選ぶカナダ人はとても多かったと思います。
例年と違ったと思うのは、
多くの方がソルトスプリングアイランド(Saltsoring Island)に行くのですが、
今年はソルトスプリングに行ったって方をあまり聞きませんでした。

その代わりに、トフィーノ(Tofino)という場所や
ケローナ(Kelowna)に行った方が多いイメージです。

そんな8月25日の個人的な重大ニュース
それは

スターバックスにあの商品が帰ってきたんです。

その名は

パンプキンスパイスラテ(Pumpkin Spice Latte)

何が重大ニュースかというと、
この商品は北米ではとてもメジャーでどこのカフェにもあるんです。

そう、秋限定のメニューとして。
つまり、カナダ的に夏が終わりました。。。

夏のバンクーバーの他の様子はインスタにてアップしています。
夏のバンクーバーは晴れの日が多く、いい天気でした!
もしよければご覧くださいね。
https://www.instagram.com/vanlife_nate/

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

-バンクーバー生活 ~現地からお届け~
-,

© 2020 自分らしく海外移住 Holiday From Real