ただの生活日記 ~のんびり海外暮らし~ バンクーバー生活 ~現地からお届け~

ハイキングは予約制!? 8月のバンクーバー事情2020

こんにちは、Nateです。

本日は、

2020年8月上旬現在のバンクーバーアクティビティの注意点・変化について

お伝えいたします。

その1 クマが出る

今年クマさんがとてもアクティブになっている気がします。
というのも、
ノースバンクーバーでクマが出たことにより
公園・ハイキングコースが封鎖になっているんです。
自分も少し前にノースバンクーバーに行きバスに乗っていたら
他の人が「あれってクマ?」ってバス内で騒いでいました。
また下に書いているハイキングに行った時も
クマが出るから今年は特に気をつけてって係の人から言われました。

その2 キャンプの場所取りが戦争

これも他の方も多く言っていますが、今年は本当に大変だそうです。
幸いにもインドア派の自分はキャンピングに全く興味がないので関係ないのですが、
友人がキャンプに行けないって騒いでいました。
しかも、先着順で場所が取れるエリアですら
その当日枠を狙って多くの人が前日や早朝に行き
場所を確認・現利用者に聞いているそうです。
友人はこのルール違反の戦法をする人が多くいたため、
先着枠ですら取れずに引き返してきたそうです。
人がいないからラッキーって感じたら、
昨日のうちに他の人にあげるって言っちゃったって・・・
先着の意味・・・。

その3 ハイキングが予約制

これなんです!
本日一番言いたいことは。
いつの間にか、一部のハイキングトレイルも入場制限をかけており
当日の6:00AMから予約が可能だそうです。
ちなみに、この予約も土日は一瞬で予約が埋まるそう

そんなに人気と知らずに、
車に乗せられて向かったハイキング。

向かった先はSquamishでした。
バンクーバーからウィスラーまで行く途中にある場所です。
イーグルウォッチングなどもでき、ここのハイキングはとても人気があります。

ちなみに、ハイキングではなくゴンドラもありますよ!

到着して、
トレイルのある入り口に向かい
人が少ないからもし遭難したらこれを使ってって笛を渡され
いざトレイルの入り口に行ったら・・・

予約してないとダメ。。。
たしかに看板が出ていた。。。
自分は誘われた側だったので、
しかもそんなにハイキングをしたいわけではなかったので
なぜか一安心(笑)

上の写真の景色を見ながらご飯を食べました。
その後、ダウンタウンに戻るかと思えば・・・・

じゃあもともと行く予定だった場所に行こうって言われ
車が向かった先は

Cypress Mountain

ぇ?予約いるんでしょ??

どうやら予約がいらないトレイルなのか、
ここの予約は持っていたのからしいです。
地図を確認し、本来の目的?のトレイルに向かいました。

彼らのウキウキのテンションと
自分の変えれるって思っていたテンションの差により
予約がどうこう聞く気がしなかったです・・・。

途中、聞いた話によると事前に電話してここならOKってなっていたそうで、
でも本当に行きたいSquamishが取れなくて、
飛び込みでいければって思っていったそうです・・・。
予約制ってわかって可能性にかけるって・・・。

ここがスタート地点。
スタート地点に行くまでに疲れました・・・。

途中いい感じの場所を発見

ゴールから、The Lionsが見えました。

このTrailは簡単でしたが・・・
長かったです。
往復約4時間・・・。

ちなみに、いつも思うこと。
日本と違いほとんどの場所では
ハイキング途中に自動販売機や売店、トイレは基本的にないです。
そのため、お水はきちんと多めに持って行きましょう!

せめて頂上に自販機があればっていつも思っています。。。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ハイキングについてはこちら

バンクーバーでhikeはハイキングではない?

    こんにちは、Nateです。 本日は、カナダ バンクーバーで大人気の夏に行うアクティビティ ハイキングについてご紹介します! みなさんは、ハイキングといえばどんなことを想い描 ...

続きを見る

Deep coveのハイキングについてはこちら

半日でもOK! ダウンタウンからバスで行ける Deep Cove

こんにちは、Nateです。 本日ご紹介する場所は、 Deep Cove(ディープコーヴ) です。 以前のブログでちらりと登場した 初心者でもいける、日本人が想像するハイキングの場所です。 ダウンタウン ...

続きを見る

夏の風物詩についてはこちら

バンクーバー 夏の風物詩 花火大会とプライドパレード

こんにちは、Nateです。 今日は 夏のバンクーバーのイベントって何? についてお伝えします。 7月1日のカナダデーは もちろんなんですが、 バンクーバーの人々にとっては夏を一番感じるのは下記の 2つ ...

続きを見る

-ただの生活日記 ~のんびり海外暮らし~, バンクーバー生活 ~現地からお届け~
-, ,

© 2020 自分らしく海外移住 Holiday From Real